Isezushi.jpはもう利用できません。 代わりにisezushi.comを試してください。


美味しい寿司を作るコツ

寿司といっても、その種類はさまざま。握り寿司は、寿司職人の長年の努力と訓練を重ねて形になります。家庭で再現するのは難しく、特別な日の食事、という位置づけでしょう。家で作るとしたら、ちらし寿司、手巻寿司、巻き寿司などでしょうか。どの種類の寿司にしても、美味しく作るポイントは「酢飯」にあります。

ここでは、美味しい酢飯の作り方を紹介します。

美味しい酢飯のレシピ

できれば、酢飯を作る際には「はん台」という竹製の桶を用意してください。難しい場合には大きめのお皿を使います。お米を研いだら30分~1時間吸水させます。後ですし酢を加えるので、炊く際には、普通のご飯を炊くときより水を1割ほど減らして炊くようにします。

炊きあがったら、すし酢を混ぜていきます。米3合に対し150mlが目安になります。市販のものでも構いませんし、自作する場合は、酢:塩:砂糖=(大さじ)5:1:3~4の割合で混ぜて火にかけると簡単に作ることができます。火にかけるときに、長さ3cmのだし昆布を加えて、沸騰直前で火を止め取り出します。


すし酢をしゃもじで受けながらご飯に入れていきます。全体にわたるように回しながらかけ、うちわであおぎながらしゃもじでご飯を切るように混ぜ合わせます。

この後は、容器に濡れ布巾をかけて乾燥を防ぎながら、人肌の暖かさまで冷ましたら完成です。冷ましている間はひっくり返したり混ぜたりしないよう注意してください。